【ダイエット成分】葛の花とは?

葛の花由来イソフラボンとは?

葛の花が今、ダイエット効果があると話題になっています。

なぜかというと、お腹の脂肪を減らす機能性が、臨床試験によって証明されたからです。

最近では、様々なダイエットサプリや、青汁などに配合され始めています。

それでは、葛の花に隠された、驚きのダイエット効果をご紹介します。

葛の花由来イソフラボンの効果

葛の花由来イソフラボンの効果

葛の花には、2種類のダイエット成分が含まれています。

その1つがイソフラボンです。

葛の花由来イソフラボンは、お腹の脂肪を減らす効果が、認められた成分なのです。

ダイエット効果はこちらの3つ!

  • 脂肪の合成を抑制
  • 脂肪の分解を促進
  • 脂肪の燃焼を促進

1つずつ詳しく見てみましょう。

イソフラボンの効果1┃脂肪の合成を抑制

葛の花由来イソフラボンの効果

葛の花由来イソフラボンには、吸収した栄養が、中性脂肪に合成されるのを、抑制する効果があります。

よって、体内脂肪が増えるのを、抑えることができるのです。

私たちは普段、食事や飲み物から、栄養を摂取しています。

その理由は、活動するのに必要だから。

しかし、摂取した栄養は、全て使い切れる事もあれば、余ってしまう時もありますよね。

そんな時、余った栄養は、中性脂肪へと合成され、体内のあちこちに蓄積されてしまいます。

その結果、体脂肪が増え、肥満となってしまうのです。

葛の花由来イソフラボンには、この余った栄養の合成を、抑制する効果があります。

よって、さらなる脂肪の蓄積を防ぐ事ができ、ダイエットの効果をサポートしてくれるのです。

イソフラボンの効果2┃脂肪の分解を促進

葛の花由来イソフラボンの効果

葛の花由来イソフラボンには、体内に蓄積された脂肪が、燃えやすい形へと分解されるのを、促進する効果があります。

よって、脂肪が燃えにくい人も、痩せやすくなるのです。

体に蓄えられた脂肪、つまり体脂肪は、そのままの形では、燃焼することはできません。

エネルギーとして消費される為には、脂肪酸という燃えやすい形に分解する必要があります。

その分解を行っているのは、肝臓と膵臓から分泌される酵素です。

しかし、この酵素は、加齢と共に減少してしまいます。

葛の花由来イソフラボンは、減少した酵素の働きを、サポートする効果があります。

よって、体脂肪が効率よく分解され、活動のエネルギーとして使用されやすくなるのです。

イソフラボンの効果3┃脂肪の燃焼を促進

葛の花由来イソフラボンの効果

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の分解だけでなく、分解した脂肪酸の燃焼まで、促進する効果があります。

よって、運動をしなくても、効率よく脂肪が消費されるのです。

脂肪酸へと分解された体脂肪は、褐色脂肪細胞という細胞によって燃焼されます。

この褐色脂肪細胞は、熱を発生させる細胞で、その際に脂肪酸を、エネルギーとして使用します。

痩せるためには欠かせない褐色脂肪細胞ですが、加齢によって減少し、また、遺伝によっても数は少ない場合があります。

葛の花由来イソフラボンは、そんなありがたい褐色脂肪細胞の働きを、活発にする効果があります。

よって、脂肪が燃えやすい体を、つくってくれるのです。

葛の花由来サポニンの効果

葛の花由来サポニンの効果

葛の花には、イソフラボンの他に、サポニンというダイエット成分が含まれています。

サポニンもイソフラボン同様、ダイエットの強い味方となる成分です。

葛の花以外にも、漢方で有名な高麗人参や、女性に嬉しい食べ物の大豆などに、苦味・渋み成分として含まれています。

サポニンのダイエット効果はこちらの3つ!

  • >肥満の予防
  • 悪玉コレステロールの減少
  • 肝機能の促進

それでは、こちらの効果も、1つずつ解説していきますね。

サポニンの効果┃肥満の予防

葛の花由来サポニンの効果

サポニンには、ブドウ糖と脂質の合成を、抑制する効果があります。

よって、脂肪の蓄積が抑えられ、肥満を予防することができるのです。

肥満気味の男女を対象に行われた臨床試験では、大豆由来のサポニンを摂取した試験者は、摂取前よりも、体重と内臓脂肪が減少したという、試験結果も報告されています。

サポニンの効果┃悪玉コレステロールの減少

葛の花由来サポニンの効果

サポニンには、動脈硬化の原因でもある、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

血液中に悪玉コレステロールが多く存在すると、血液はドロドロとなり、酸素や栄養の運搬を阻害します。

その結果、動脈硬化などの、生死に関わるような病気を、引き起こす事になるのです。

サポニンは、その悪玉コレステロールを少なくしてくれるので、病気の予防もできるのです。

サポニンの効果┃肝機能の促進

葛の花由来サポニンの効果

サポニンには、脂肪の分解を行う器官である、肝臓の働きを促進する効果があります。

また、体内の脂質が酸化することで生成される、過酸化脂質を抑制する効果もあります。

この過酸化脂質は、体の老化を招くだけでなく、代謝に関わる肝臓の、機能を低下させる原因となります。

正常な脂質の代謝をおこなう為にも、過酸化脂質を作らないことは、とても重要なのです。

 

葛の花の効果をまとめると…

葛の花には、脂質の合成を抑制し、分解・燃焼を促進するイソフラボンと、肥満と肥満によって引き起こる、病気を予防するサポニンの、2つのダイエット成分が含まれています。
 

中でも、葛の花由来イソフラボンは、機能性も認められた成分なので、効果は確かです。

肥満が気になる方、お腹の脂肪が気になる方には、おすすめの成分と言えるでしょう。
 

葛の花由来イソフラボンが、配合されたダイエットサプリなら、こちらの2つがおすすめです↓↓

シボヘールの口コミと効果を実際に購入して検証してみました!

スリムフォーの効果は本当?90%OFFの980円で購入できる通販で検証!

The following two tabs change content below.
マカロン

マカロン

元書店ガール。24歳でコラムニストに転職。 体型にコンプレックスがあり、最新のダイエット法を色々とお試し中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です